青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 12日

BHレガシィ フロントパイプ バンテージ巻き直し

e0146484_16525185.jpg
ドライブシャフト・ブーツ内の

グリースがフロントパイプに飛び散った。

信号で止まると、白煙と異臭が立ちのぼる。

しゃ~ない、バンテージ巻き直しじゃ。

大変なんだよ、この作業。

e0146484_16525753.jpg
ストラットタワーバーと配線をはずして、

インタークーラーを外す。

触媒の遮熱板も外す。

古いバンテージはボロボロだった。
(安物はそれなりだね。)

e0146484_1653345.jpg
ターボの遮熱カバーを外すんだけど、

下からでないと、外せないボルトが2本。

の部分(ターボの出口)から、

バンテージを巻いていく。

e0146484_1653949.jpg
バンテージは、ヤフオクの安物。

ガラス繊維が飛ぶので、濡らしておく。

上から巻き始めるんだけど、

ジャッキアップした状態だと届かないので、

ジャッキダウン。

e0146484_16531459.jpg
上が巻き終わったら、バンドで固定して、

再びジャッキアップ+ウマ掛け。

下に潜り込んで巻く。

e0146484_16532039.jpg
ステーの部分までを交換。

SUSのワイヤーを巻いて、

触媒の遮熱板を取り付ける。

タービンの遮熱カバー、インタークーラー、ストラットタワーバー、配線を戻して完了。

5時間の作業。

[PR]

by sora_and_kumo | 2014-07-12 17:11 | CAR | Comments(2)
Commented by 28ちゃん at 2014-07-14 19:25 x
長丁場、お疲れ様でした。
凄いとしか言いようがない作業ですね。
自分のBHEには巻いてなかったような・・・?
大丈夫かな?
Commented by fugu at 2014-07-20 10:14 x
fugu号の排気系は、ほとんど交換しているのでこんなことになります。

ノーマルは、グラスウールを包み込んだ遮熱カバーが付いてますよ。
ただし、その遮熱板は錆びてボロボロになることが多いので、時々チェックしてね!

2012年3月1日に、142,500kmで外したフロントパイプの写真を載せてますが、ところどころ錆びて穴が開いてました。


<< 3回目の「岡じま」~~~      BHレガシィ 17万km走行~~~ >>