人気ブログランキング |

青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 28日

21MHz帯の水平ホイップアンテナを作ってみた。


e0146484_17203804.jpg

ベランダの手すりに、2mの単管を取り付け。

エレメントは、3.6mのファイバー製釣り竿。

中に、2sqのビニール線を入れただけ。

e0146484_17204220.jpg

手すりと絶縁したかったので、

まな板に塩ビパイプと単管用固定ベース。


14MHz用は、5.4mの釣り竿を予定。

e0146484_17204705.jpg

単管に差し込んだだけ。

使わないときは、90度以上回しておく。


アナライザで調整中。

e0146484_17205015.jpg

SWR(1.0がべスト)の最低ポイント。

周波数が低いな!(目標21,200~21.250)

インピーダンスも低い(目標:50Ω)


e0146484_17205449.jpg
目標の周波数では、

インピーダンスはよいが、SWRが高い(目標≦1.1)

エレメントを3cmカットして、

インピーダンスはラジアルの角度を調整。

e0146484_17205757.jpg
本当は竿全体を30cmほど外に出したいが、

苦情が出ると嫌なので我慢。

こんなんで様子を見る。

e0146484_17210140.jpg

いきなり100Wで火災報知器が鳴ったら困るので、

30Wで試験電波を出してみる。

火災報知器はOK!

送信機側のSWRも1.05で良好。

e0146484_17210551.jpg
しばらくウォッチ。

北海道(道東)、青森、香港は聞こえるが、

その相手局の、関東、四国、信越は聞こえない。


今はこういう時期(11年周期)なのか、

何かが悪いのかが全く分からん。

さらに、トランシーバの使い方もわからん!


by sora_and_kumo | 2017-08-28 18:14 | 無線 | Comments(0)


<< BHレガシィ リアのブレーキパ...      アンテナの同軸ケーブルの長さっ... >>