人気ブログランキング |

青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 29日

BHレガシィ バッテリー サルフェーション除去装置(その1)

e0146484_22215926.jpg

寒くなってからエンジンのかかりが悪い。

バッテリの電圧が下がってる。


バッテリーを替える前に、

インピーダンス増加の原因の

サルフェーション除去回路を付けてみる。

(パルサー充電とか、パルサー回路)

e0146484_22244856.jpg

パルス回路は決まったけど、

回路の、起動/停止電圧の制御で悩む。

13.7Vで動きだし、12.9Vで止めたい。


なぜか、計算通りに動かない。

e0146484_22251298.jpg

検出ICをシャントレギュレータから、

コンパレータに変えてみるが結果は同じ。


なんのこっちゃ、

原因は、全然違うところ。

部品を1個追加してなんとかクリア。

e0146484_22251861.jpg

概略設計で基板のサイズを出して、

ダイソーやセリアでケースを物色。


ダイソーのケースに合わせて基板作成。

e0146484_22290231.jpg

机上で波形確認。

バッテリーの代わりにコンデンサを使用。


とりあえず動いた。


本当に効果はあるんだろうか?

e0146484_22302315.jpg

車のバッテリーで確認。寒い。

(オシロは、DC/ACインバータで動かす。)


机上の実験と大きな差はない。

もう少し定数変更して、

仕上げをしてケースに入れればOKだな。


by sora_and_kumo | 2018-01-29 22:59 | CAR | Comments(2)
Commented by moguri at 2018-01-30 00:14 x
まさか組み込んでしまうとは…さすがですね。
うまくできたら小遣い稼ぎもできそうですね!
Commented by fugu at 2018-01-30 17:24 x
何十年もこんなお仕事をしてたのでね! 

でも、プリント基板(製品レベル)を売ってらっしゃる方もおられるので、
これじゃお小遣いはいただけません。


<< BHレガシィ バッテリー サル...      BHレガシィ オイル & オイ... >>