人気ブログランキング |

青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 18日

BHレガシィ エンジンマウント交換

e0146484_17180509.jpg

天気も良くて暖かいので良かった。

エンジンマウント交換しま~す!

前日にオイルフィルタのオイルは出してある。

ストラットタワーバーのバーだけと、

インタークーラーを外す。

e0146484_17180758.jpg

ピッチングストッパを外す。

エアインテークダクトも外す。


ここまでは必須。(前回はここまで)

ボンネット内を見渡して、

引っ掛かりそうな場所や部品を探す。


e0146484_17180966.jpg

クラッチのレリーズシリンダー。

配管がぶつかりそうなので外した。

隣にセルの+B端子がいるので、

バッテリの端子も外す。


e0146484_17181157.jpg

ラジエータのロアホースに余裕がないので、

ラジエータの固定具も外し、

動くようにしておく。


e0146484_17181319.jpg

ここで、4輪ジャッキアップ。


e0146484_17181508.jpg

ジャッキポイントの板・アームを外す。

エンジンマウントの見えるボルトを外す。
(マウントはすべてHEX14)

前回は、この状態で後ろ側のボルトを

メガネで回せたのに、、、。

今回は工具がドライブシャフトに干渉する。

多分、7本セットの安物メガネだった模様。


e0146484_17181814.jpg

どうしようもないので、

ハブナックルの下のジョイントを外し、

ドライブシャフトの内側を抜いた。

(ブレーキはそのまま。)

これで、エンジンマウントの

後ろ側のボルトは簡単に外れる。

アルミブロックなのでボルトは長い。


e0146484_17182016.jpg

エンジンを持ち上げる。

油圧ジャッキに2x4の板を3枚+ゴム板

オイルパンは手前が高いのでt10のゴム板で傾斜。

オイルパンをゆっくり持ち上げていく。

ラジエータも様子を見ながらちょい持ち上げ。

40mm以上持ち上げる。


e0146484_17182369.jpg

前回、なぜオイルフィルタや、

オイルセンサーブロックを外したのか不明だった。

理由は、

エンジンマウントが取り出せない。

センターのボルト?はHEX24ディープ。

オイルセンサーブロックは、HEX27。


e0146484_17182565.jpg

新しいエンジンマウントを取り付け。

後ろ側を締めたら、

さっさとエンジンを降ろす。

今回もフレームにはすんなり入った。

あとは、元に戻すだけ。


e0146484_17190350.jpg

何度も何度も指差し確認!

オイルを抜いていたので入れて完了。

ここまで、作業開始から約5時間。

前回より時間がかかった。


e0146484_17190687.jpg

ちょっと走ってみたら、

発進時のジャダー → 解消♪

アクセルON/OFFでガクンガクン → 解消♪

エンブレ時にガッ、ガッ、ガッ音 → 解消♪

ベアリングらしきガラガラ音 → そのまま
(別の問題だと思ってたからOK)

予定の効果があってほっとした。




by sora_and_kumo | 2018-11-18 18:00 | CAR | Comments(0)


<< BHレガシィ エンジンオイル ...      BHレガシィ STIエンジンマ... >>