人気ブログランキング |

青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 16日

VMKレヴォーグ アルミホイール検討

e0146484_10274156.jpg

BHレガシィに付けてたホイール。

プロドラ 18-7・1/2J INSET47 PCD100

鍛栄舎製造の鍛造ホイール。

重量:7.1~7.2kg(体重計測定) 

レヴォーグ純正ホイールは、

同じ18-7・1/2Jだけど、約11.5kgらしい。

これ、レヴォーグに付かないか?



e0146484_10274491.jpg

ペイントソフトでゴゾゴゾ。
(タイヤの向きが合わんかった)

やっぱり、デザインが古いのか?

純正の方が似合ってる気もする。


大きな問題は、PCDとタイヤのはみ出し。

e0146484_10274730.jpg

嫌いだけどPCDチェンジャーを使う。

厚みは各社15mm

純正ホイールは、INSET55なので、

15+(55-47)=23mmタイヤが外に出る。


(買うなら協永産業製なので写真拝借)

e0146484_10274919.jpg

平らな地下駐車場で測定。

前輪がキビシイ。

左前は25mmあるけど、

右前が22~23mmしかない。

でも、0.5度ネガキャンにすれば入る。


e0146484_10313912.jpg

次の問題は、

PCD114.3の車両側ハブボルトの逃げ。

深さは8~9mm必要。

深さ15mmで、一見大丈夫に見えるけど、

測定して図面にしてみると、、、

e0146484_10314335.jpg

φ13としたら、2.55mm不足。

φ12としても、2.05mm当たる。


e0146484_10320307.jpg

実寸の紙を当ててみても、

これだけ削らなければならない。

ボール盤なら早いが、

タイヤを外しても、懐が190mm必要。

師匠のボール盤は175mmで届かない。

20か所を手で拡げるのか?

e0146484_11160407.jpg

さらに気になるのが、

ホイールの耐荷重。

PCD100は、PCD114.3に比べて数割低い。

前軸重 930kgなので、

1輪当たり 465kgで基準はOKなんだけど、

穴加工の影響がわからない。


e0146484_13362546.jpg

スタッドレスのホイールに至っては、

車体側ボルトの逃げが無いので、

φ12.5で6mm掘らないと使えない。

これも鍛造(RAYS製造)で軽いけど、

傷だらけなので売るに売れない。

部屋の中はBHレガシィの部品だらけ。

何からてを付ければよいやら。



by sora_and_kumo | 2019-03-16 15:26 | CAR | Comments(0)


<< VMGレヴォーグ プロドラ G...      VMGレヴォーグ 自動車保険変... >>