青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ

タグ:足周り・ブレーキ ( 337 ) タグの人気記事


2019年 03月 20日

VMGレヴォーグ PCDチェンジャー15mm+INSET47のホイールは無理かも

e0146484_17474492.jpg

アップガレージで、

純正ホイールを見つけた。

もしかしたら、

ホイールの幅が違うかもしれない。


e0146484_17474755.jpg

217mmぐらい。


e0146484_17542559.jpg

プロドラ GC-010Eは、

215mm

う~~~ん、誤差の内かぁ。


e0146484_17543087.jpg

ホイールを見てて思った。

今まで、ここばかり気にしてたけど、


e0146484_17543329.jpg

プロドラ GC-010Eは、

スポーク部の厚みも215mmある。

ってことは、、、


e0146484_17543619.jpg

ポイントは、ホイールの上端ではなく、

スポークの部分が一番問題になる。

ここを、キャンバー調整で動かすには、

かなりの角度が必要。


e0146484_17544378.jpg

まれに、25mmのワイトレOKって人がいる。

でも、みんな車体が1.6GT-Sなのだ。

1.6GT-Sはトレッドが5mm狭い。

ロアアームの品番が違う。


せっかくPCDチェンジャーの逃げ穴加工したけど、

無理のような気がしてきた。


by sora_and_kumo | 2019-03-20 18:11 | CAR | Comments(2)
2019年 03月 18日

VMGレヴォーグ プロドラ GC-010E 削ってみる

e0146484_10083870.jpg


レヴォーグの純正ホイールは11.5kg

BHレガシィのホイールは約7.1kg

PCDチェンジャーを付けても、8kg以下。

軽いと乗り心地が悪く噂もあるが、

トレッドが広がったら打ち消されないか?

軽いのは魅力なんだよねぇ。


e0146484_10084073.jpg


PCDチェンジャーを付けるには、

車両側のハブボルトの逃げ穴が必要。

ここを削るんだけど、、、


e0146484_10084264.jpg


ノギスが入らなくて、

あちこち測って算出。

φ20の穴を22.15mmまで削れば、

M12のPCD114.3を逃げられる。


e0146484_10084676.jpg


使う道具はこれだけ。

懐が190mmあるボール盤があれば

楽なんだけど、残念ながら、

友達のボール盤は175mmだった。


e0146484_10084878.jpg


工具箱に入ってたビット。

でも、これ、、、、

SUSのエキマニを削った時のもの。

削れるのかな?


e0146484_10085034.jpg


深さ9mm以上確保するように、

ひたすら削る。




e0146484_10085294.jpg


途中で電動ドリルが熱でダウン。

電池も過熱保護が効いて充電不可。

人間の腕もダウン寸前。

冷ましながらの、人間フライス盤。


こんな感じになった。


e0146484_10085491.jpg


4本削るのに、

6時間半かかった。


問題は、ボルトの奥突きが確認出来ない。

ハブボルトの飛び出し寸法を測って、

9mmで不足するなら追加工の予定。


by sora_and_kumo | 2019-03-18 19:06 | CAR | Comments(2)
2019年 03月 16日

VMKレヴォーグ アルミホイール検討

e0146484_10274156.jpg

BHレガシィに付けてたホイール。

プロドラ 18-7・1/2J INSET47 PCD100

鍛栄舎製造の鍛造ホイール。

重量:7.1~7.2kg(体重計測定) 

レヴォーグ純正ホイールは、

同じ18-7・1/2Jだけど、約11.5kgらしい。

これ、レヴォーグに付かないか?



e0146484_10274491.jpg

ペイントソフトでゴゾゴゾ。
(タイヤの向きが合わんかった)

やっぱり、デザインが古いのか?

純正の方が似合ってる気もする。


大きな問題は、PCDとタイヤのはみ出し。

e0146484_10274730.jpg

嫌いだけどPCDチェンジャーを使う。

厚みは各社15mm

純正ホイールは、INSET55なので、

15+(55-47)=23mmタイヤが外に出る。


(買うなら協永産業製なので写真拝借)

e0146484_10274919.jpg

平らな地下駐車場で測定。

前輪がキビシイ。

左前は25mmあるけど、

右前が22~23mmしかない。

でも、0.5度ネガキャンにすれば入る。


e0146484_10313912.jpg

次の問題は、

PCD114.3の車両側ハブボルトの逃げ。

深さは8~9mm必要。

深さ15mmで、一見大丈夫に見えるけど、

測定して図面にしてみると、、、

e0146484_10314335.jpg

φ13としたら、2.55mm不足。

φ12としても、2.05mm当たる。


e0146484_10320307.jpg

実寸の紙を当ててみても、

これだけ削らなければならない。

ボール盤なら早いが、

タイヤを外しても、懐が190mm必要。

師匠のボール盤は175mmで届かない。

20か所を手で拡げるのか?

e0146484_11160407.jpg

さらに気になるのが、

ホイールの耐荷重。

PCD100は、PCD114.3に比べて数割低い。

前軸重 930kgなので、

1輪当たり 465kgで基準はOKなんだけど、

穴加工の影響がわからない。


e0146484_13362546.jpg

スタッドレスのホイールに至っては、

車体側ボルトの逃げが無いので、

φ12.5で6mm掘らないと使えない。

これも鍛造(RAYS製造)で軽いけど、

傷だらけなので売るに売れない。

部屋の中はBHレガシィの部品だらけ。

何からてを付ければよいやら。



by sora_and_kumo | 2019-03-16 15:26 | CAR | Comments(0)
2019年 03月 14日

RA1C プレオ リアブレーキ シリンダAssy交換

e0146484_15425868.jpg

最初の発進時にベキッ!って鳴るので、

去年の年末に、

リアブレーキのカップシールを

交換したんだけど、また鳴り出したらしい。

シリンダーの内部が錆びてたので、

シリンダをAssyで交換してみる。

e0146484_15430106.jpg

このドラムが外れないんだよねぇ。

内面が減ってシューが引っ掛かる感じ。


e0146484_15430330.jpg

シリンダーAssy 

26705KE000~004まであって、

よくわからないまま、

品番:26705KE004相当の

制研 130-76089 3,769 円/個
(スバルだと、5,692円/個)

SUBARU EPCで調べたらどれでもOKらしい。

e0146484_15430595.jpg

左右とも、Assy交換です。


e0146484_15430727.jpg

パッキンも一緒に交換。

品番:26262KA010 205円/枚


薄くてすぐ回るので付けにくい。


e0146484_15431013.jpg

ブレーキホースは、

バンジョーボルトではなく直接。

HEX14 少し緩めてから、

シリンダ固定ボルト(M6x2個)を外す。

ホースは回らないので、

シリンダを左に回して外す。

ブレーキフルードは数滴滴るだけ。

e0146484_15431253.jpg

取り付けは逆の手順。

ブレーキホースにシリンダを回して付ける。



e0146484_15431499.jpg

ブレーキホースを締めこんでないので、

シリンダを定位置に固定すると、

ブレーキホースはねじねじ状態。


e0146484_15431608.jpg

スパナでブレーキホースを締めこむ。

ブレーキホースのねじれがなくなる頃、

ちょうど締まる感じ。

この精度って狂ったらどうなるんだろう?

あとは、エア抜きして完了。

直てくれよぉ、、、、。


by sora_and_kumo | 2019-03-14 16:21 | CAR | Comments(0)
2019年 03月 09日

BHレガシィ さようなら お疲れさまでした

e0146484_16010127.jpg

この姿を見るのも、今日が最後。

16年と5か月ちょっと。

想いはいっぱいあるけれど、

今日でさよならです。


e0146484_16010447.jpg

洗車


e0146484_16010735.jpg

ホイール・タイヤを純正に戻します。


e0146484_16010948.jpg

ジャッキを入れるのもこれで最後。

作業一つ一つに思い出がいっぱい。


e0146484_16011158.jpg

純正ホイール+新車時のタイヤ(怖)


他車と比べなければ、

まだまだ美しいフォルム。


e0146484_16011772.jpg

235,068km


本当にお疲れ様。

そして、ありがとう。


by sora_and_kumo | 2019-03-09 11:59 | CAR | Comments(1)
2019年 02月 20日

BHレガシィ ビルシュタイン BSS-kit 洗浄 & 片付け

e0146484_10164742.jpg

まだ筋肉痛が残ってるよ。

昨日に続いて、今度はサスペンション。

中性洗剤と、真鍮ブラシ、ナイロンブラシ。



e0146484_10164907.jpg

10年半、約15万km

もっとボロボロかと思ったけど、

汚れを落とすと、

そこそこきれいになる。

もちろん、バネの密着部分は錆びてるけどね。


e0146484_10165169.jpg

朝の10時前から始めて、

洗い終わったのは夕方の5時。

部屋に戻って、

さび止めに5-56を吹きつけて軽く拭く。


e0146484_10165377.jpg

ボロボロだけど、元箱。

楽しいカーライフを与えてくれたサス。

ご苦労様でした。



by sora_and_kumo | 2019-02-20 18:36 | CAR | Comments(0)
2019年 02月 19日

BHレガシィ ブレンボキャリパ 洗浄 & 片付け

e0146484_10163302.jpg

あちこち筋肉痛。

でも、片付けていかないと、

部屋の中は足の踏む場もない。


まずは、ブレーキキャリパの洗浄から。

中性洗剤とナイロンブラシでゴシゴシ。


e0146484_10163566.jpg

ピストンを押し戻してフルードを抜く。

さらにブリューダプラグも緩めて抜く。

ブレーキパッドやシムに塗った

鳴き止めグリースも除去。


もう、Bremboの文字はほとんど消えてた。


e0146484_10163708.jpg

フロントは大きいので、

大きな箱に入れ替え。



e0146484_10163978.jpg

リアの内側。(片方だけ)

クラックが入ってるよ。

PDは弱いのかな。


e0146484_10164134.jpg

これもリアの内側。

鋳造の跡と思うけど、

質が悪い感じは否めない。


e0146484_10341730.jpg

ほぼ一日作業。


無理やり押し入れに押し込む。


プレス機は、十分元を取ってるので処分予定。



by sora_and_kumo | 2019-02-19 20:14 | CAR | Comments(0)
2019年 02月 18日

BHレガシィ ブレーキキャリパ & ローター 純正戻し

e0146484_17152816.jpg

外観でノーマルと違うのは、

ホイールとマフラーとブレーキぐらい。


最初に前のブレーキが妙なのに気付いて、


e0146484_17072274.jpg

後ろを見る人がいたら、

fugu 大喜び~~♪


といっても、見てる人が、

どこまでわかってるかは不明だけどね。

e0146484_17045172.jpg

ブレーキは最後に交換する予定だったけど、

雨の日が多いらしいので、

出来る時にやってしまうことにした。


純正に戻しま~~~す。

新車時のブレーキパッド、大丈夫かな?


e0146484_17202632.jpg

リアから。

ブレンボ用の取り付けブラケットも外す。

サイドブレーキ調整は下側。

かなり小さくしないとローターが入らない。


e0146484_17045641.jpg

左が純正ローター。右がV36スカイライン用を加工。

サイドブレーキの調整穴がないんだよ。

センターコンソールの下で調整するしかない。


キャリパーは途中までホースが付いてたので、

中継部から交換。


e0146484_17045880.jpg

フレアナットの締め加減がわからない。

漏ると嫌なので、ちょい強めに締めた。


e0146484_17050080.jpg

一か所ずつエア抜き。

プラハンで叩きながら、

1か所20回ぐらいブレーキ。

10回毎にフルードをリザーブタンクに追加。


e0146484_17050323.jpg

フロントはポン付けだったので早い。

ブレーキの感触は、、、

ありゃ?変わらない。

BH5AやBHEとは別物。

最大制動力は違うけど、

踏んだ分だけ効く感じはそのまま。



エア抜き。

by sora_and_kumo | 2019-02-18 17:03 | CAR | Comments(4)
2019年 02月 18日

BHレガシィ サスペンション 純正戻し

e0146484_16222720.jpg

ビルシュタイン同士の交換

BSS-kit (現B14) → 純正ビル



次の記事のブレーキ交換と同時作業です。

e0146484_16223195.jpg

まずは、リアから。

アッパーマウントの固定ナットを、

外れない程度に緩めておく。


e0146484_16232590.jpg

下側のナットは、

足でふんっ!

ボルトを抜く時は、

ジャッキでショックを持ち上げて縮めて抜く。

e0146484_16232784.jpg

下のボルトを抜いたら、

後ろドアから手を入れて、

アッパーマウントのナットを外せば、

撤去完了~~~!


e0146484_16241491.jpg

取付は、ジャッキでショックを縮めるんだけど、

前方向に斜めに持ち上げる。

一回では穴が合わないので、

数回、ジャッキの位置を動かしながら作業。

左は2回目、右は4回目でボルトが通った。


e0146484_16241625.jpg

アッパーマウントのナットを締めれば完了。


e0146484_16374716.jpg

続いてフロント。

ストラットタワーバーは撤去。

アッパーマントのナットをギリギリまで緩めて、


e0146484_16241869.jpg

こんにゃろ!


左右両側を外さないと、

スタビライザーが突っ張って外れない。

リンクを外せば出来るけど、

どうせ両側とも交換だし、、、。

e0146484_16242077.jpg

純正ってでかくて重い。


純正なので強度的にも強い?


e0146484_16242177.jpg

取り付けた後は、キャンバー調整。

駐車場が水平でないし捩じれてるので、

感覚だけで調整。

見る角度で変わる。

実は、この時バックプレートを変形させてて、

後でえらいことに。


e0146484_16242362.jpg

ランカスターか?

数日すればもう少し下がるんだろうけど、

シート交換と合わせて、

目線が17cm変わったことになる。

17cmだよ! もう全く別の車。

試走で違和感はないが、左に曲がるとガラガラ!

バックプレートがローターに当たってた。


e0146484_16243651.jpg

BSS-kit 14万km お疲れ様です。


by sora_and_kumo | 2019-02-18 16:21 | CAR | Comments(0)
2019年 01月 19日

BHレガシィ 16年前のタイヤは使えるのか

e0146484_20562439.jpg

2002年に買った時に付いてたタイヤ。

ポテンザ RE040

42,696km使った後、

タイヤ保管袋に入れて、ベランダに保管。

袋に日が当たるのは、昼過ぎまでだけど、


e0146484_21184350.jpg

製造は、2002年34週と35週(8月)



e0146484_21184500.jpg

廃車する時に付けられるか?

空気を入れてみた。


e0146484_21184789.jpg

怖ぇ~~~~~!!!!!

この1本だけヒビだらけ。

当日の朝、付け替えて出すか?

スペアタイヤで出すか?

ホイールはほとんど無傷なんだけど、

さすがに16年前のタイヤは無理だな。



by sora_and_kumo | 2019-01-19 21:29 | CAR | Comments(0)