青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ

タグ:電装品 ( 149 ) タグの人気記事


2018年 07月 10日

BHレガシィ ナビのディスプレイを交換

e0146484_17291259.jpg


バックライトを直すつもりが

正常な液晶を壊してしまったディスプレイ。

最初は「木の葉型」だけが黒かったのに、

どんどん黒い範囲が広がっていく。


e0146484_17291415.jpg

ナビの本体はたくさん出品されてるのに、

ディスプレイの出品は、先月1回あっただけ。

みんな、ディスプレイがダメになって本体だけの出品。


待ってても出そうにないので、本体セットを購入。

傷があるって書いてたけど、写真が小さくて、

こんなに目立つ傷とは、、、。

e0146484_17291763.jpg

ナビ使用中やテレビ画面では、

ほとんど気にならないのが、

せめてもの救い。


消している時が一番目立つって何?


ま、ないよりマシか?

e0146484_17292440.jpg

使う予定はないけど、

いっしょに付いてきた本体もチェック。

問題なく使えそう。

でも、捨てるかも。

だって、だれも売れてないんだもん。

e0146484_17292743.jpg

取説は付いてなかったんだけど、

元の持ち主も、販売店も、これってどうなん?

登録ポイント、全部残ってまっせ!

「現在地」は販売店(解体屋?)で、

「自宅に帰る」では、元の持ち主らしき家が、、、

全部消去しといたけどね。

e0146484_17293080.jpg

付いてきたリモコンもキレイだったので交換。



上向きにLEDの赤外線が飛ぶように、

内部を削って、LEDの向きを変更しました。

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-07-10 17:25 | CAR | Comments(0)
2018年 07月 09日

BHレガシィ メーターリングのLED交換

e0146484_18252298.jpg

新東名(ということにする)を走ってて、

点灯してないのに気付いた、メーターリングのLED

なんと、前回交換時の予想がほぼ的中。

予想:207,573km 今回:223,000km

e0146484_16102962.jpg

接触不良の原因も考えられるけど、

予想通りなら、交換した方が良さそう。


でも、メーターまでが遠いんだよね。

・シフトノブ・・・引っ張って外すだけ
・オーディオパネル・・・ネジ2本を外して引っ張る
・右側のスイッチパネル・・・引っ張るだけ
・メーターパネル・・・ネジ4本

e0146484_16104861.jpg

灰皿の上向きのネジが大嫌い。

見えないし、力が入らないし、

外れても、落ちて遮音材の中に入って、、、

行方不明率 高し。 

何本失くしたことやら。

e0146484_16105089.jpg

メーターパネルはネジ4本

ハザードのコネクタが抜きにくい。

e0146484_16105435.jpg

メーターは、ネジ5本。

ここが、一番嫌いな箇所。

左上のコネクタがめちゃ抜けにくい。

ハーネスの束が左に寄っているので、

ロックを押しつつハーネスを引っ張っても

コネクタが抜けないのだ。

e0146484_16105612.jpg

上下逆に置いての作業。

リングのLEDは8個。

・左上以外の「-」は共通
・左上の「-」はリングを点滅させるはFETへ


今回点灯してなかったのは左上。

接触不良ではなくて、

電流は流れるが光らない状態。寿命劣化?

e0146484_16105989.jpg

大きいリングの中央寄り下部が暗くなるので、

LEDの向きや明るさを調整してみるが、

50mmぐらい深い場所で拡散させていて、

調節はかなりむずかしい。

e0146484_16110224.jpg

LEDに電源をつないで点灯させようとしたが、

輝度調整の素子につながってる。

この素子を壊したら面倒だし、

かなり奥の方で固定もむずかしいので、

ムラの解消は諦めた。

e0146484_16110597.jpg

上が今までついてたもの。

電球と高さを合わせて作ったけど、

効果はないし、半田付けでLEDを傷めるので、

今回は、ちょい長め。

電流も半分の5mAにした。(R=2.2kΩ)

LED:OSUB5161A-PQ

e0146484_16110806.jpg

ソケットに付けたもの。

直接メーターの基板に半田付けした方が、

確実だしLEDの放熱も良いんだけど、

今までの小さい基板があるので再利用。

e0146484_16111245.jpg

取り付けて点灯を確認。


電流は半分だけど、

見た感覚では同程度の明るさ。


コネクタの差し忘れがないようにして、

元に戻して完了。

e0146484_16111767.jpg

あ、メーターを外すと、

トリップはリセットされるんだ!

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-07-09 16:09 | CAR | Comments(2)
2018年 07月 07日

BHレガシィ 16年前のDVDナビ 直すつもりが、、、

e0146484_21364790.jpg

2002年製 パナのCN-DV5500WD

地図ソフトは、2010年ぐらいのもの。

最近、画面が時々暗くなる。

真っ黒じゃなくて、半分ぐらい暗くなる。

CCFLの寿命か、インバータトランスか。

このまま放っておくと、燃える可能性もあるので、

e0146484_21365206.jpg

分解していく。


CCFLのサイズが分かれば交換も可能だしね。

e0146484_21365693.jpg

CCFL(冷陰極間)のトランス。

点灯中は、数百Vなんだけど、

最初に点灯させるための電圧は、3,000V近い。

チカチカするということは、

3,000V近い電圧が時々出てるということ。

半田が外れてても、3,000Vあれば放電するから

ここは増し半田。

e0146484_21365981.jpg

CCFLが取り出せなくて、

どんどんバラしていく。

e0146484_21370314.jpg

やっと、液晶部分に到着。


光拡散のためのシートが何枚もある。
(一部、順序が分からなくなった)

e0146484_21370697.jpg

やっとCCFLが外れた。

160mm×99mmのL型だった。

ピッタリサイズはないけど、

160mm×93mmなら購入可能。

サイズが分かったので戻していく。

e0146484_21370983.jpg

CCFLの電極は少し黒くなってる。

ここは温度変化が激しいので、

半田を新しくしておく。


その後、組み立てにちょい手こずった。

e0146484_21371390.jpg

最初、電源を入れて明るく感じたんだけど、

右側に黒い影が、、、液晶を壊しちまったよ。


さあ、どうする?

中古のディスプレイを探すが、ポータブルか。

Defiの3連メータを外せば、普通のナビが付くんだけどね。

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-07-07 21:35 | CAR | Comments(2)
2018年 07月 03日

BHレガシィ メーター内 LED 切れた?

e0146484_18252298.jpg

東京方面へのトンネル内で。

あれ? 左のリングが点いてないじゃん!

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-07-03 23:21 | CAR | Comments(0)
2018年 05月 24日

BHレガシィ BM/BP用オルタネータの制御動作確認

e0146484_13324410.jpg

5月22日の午前中に、モノタロウの発注を

「まとめて発送」にしたら、なんと5月28出荷。



せっかく治具を作ったので、

BM/BP用のオルタ23700AA650の

特性でも測るか。

e0146484_13324761.jpg

準備完了。


ECUへの線を切るのが面倒だったので、

ちょっと迷ったけど、

ECUの「オルタネータ制御」端子に

並列に信号を入れる。

e0146484_13325168.jpg

上側の黄色い波形が、オルタネータ制御信号


アイドリング状態

信号は出てなくて、

バッテリー電圧は、14.43V

e0146484_13325458.jpg

アイドリングのままで、

治具から信号を入れていく。

これが、巡航時に近い波形。


バッテリー電圧はちょっと下がって、14.32V

e0146484_13325737.jpg

もう少しパルス幅(Lo)の割合を増やすと、

バッテリー電圧は、13.06Vまで下がった。

電圧はフラフラしてて、安定しない。



ありゃ??

e0146484_13500988.jpg

これが、前回測定した、

アクセル ベタ踏み状態の波形。


こっちの方が、パルス幅(Lo)がすごく長い。

この時、バッテリー電圧は下がってなかったぞ?


う~~~ん、ようわからん。

e0146484_13330093.jpg

これは、少しアクセルを踏んで、

ECUからの信号と、治具からの信号を

両方入れたもの。(変な音がすることも)

バッテリー電圧は、12.69V(不安定)

さらに、パルス幅(Lo)の割合を増やすと、

ある時点から、バッテリー電圧は14.4Vに戻る。

e0146484_13330397.jpg

パルス幅(Lo)のDutyで、グラフ化してみると、

Duty=0.1~0.2で、電圧が急激に下がる。

この過渡期の電圧が不安定なので、2段階制御か?

結局、良くわからないまま終了。


分かったのは、アイドリング時に、

不安定な過渡期の14Vに制御するのは難しい。

特許文献から、パルス周期を1/4以下(現状65.5ms→4~20ms以下)にすればオルタネータ側が「連続可変モード」と判断する可能性が高い。
でも、これ以上やると壊しそうだから、この検討はこれで中止、、、、だな。

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-05-24 14:20 | CAR | Comments(0)
2018年 05月 24日

BHレガシィ BM/BP用オルタネータ調査治具

e0146484_23474292.jpg

足の指痛いし、雨降ってるし、ヒマなので、

デ・サルフェーサー回路の基板を改造して、

BM/BP用オルタネータの調査治具を製作。

e0146484_23474463.jpg

下の波形が、作った波形。


巡航時にBH5DのECUから出る、

オルタ「C」端子への信号とほぼ同じ。

約15.5Hz、。

加速すると、Lo時間が長くなる。

e0146484_23474691.jpg

三◇の特許に、50~300Hzってあったので、

手持ちの部品で作ったら、

470Hzまで出るようになった。

ちょっと、調整がやりにくい。

e0146484_11132122.jpg

回路
IC1(NE555)を4Hz~470Hzで発信させ、C5の三角波をQ1エミッタフォロァーで低インピーダンス化。
このレベルをVR3で変化させ、ヒステリシスを付けたIC2(TL431)でコンパレートしてPWM化。
Q3でオルタの「C」端子を引っ張る。

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-05-24 00:14 | CAR | Comments(0)
2018年 05月 22日

BHレガシィ オルタネーター制御 面倒になってきた

e0146484_17525322.jpg

BH5DのECUのオルタネータ制御出力から、

PWM波形の信号が出ても、

BM/BP用のオルタネーターは反応してない。

ずっと、14.4~14.6V(25℃前後)

デ・サルフェーサーの基板はかなり改造しないと、

BM/BP用のオルタの制御方法は調べにくい。

e0146484_17530371.jpg

1993年出願の三菱の特許

審査請求はされてないので、特許ではない。

でも、考え方は示されてる。

e0146484_17530042.jpg

上記の特許も参考にした、

2006年出願、2010年特許になった三菱文献。

これだとBH5Dの波形ではかなり面倒。

e0146484_17530642.jpg
じゃあ、BH5Dに付いてた日立のオルタ。

何件も公開されてるけど、

どれが、23700AA440に相当?

e0146484_17531365.jpg
制御するECU側の、デンソーもチェック。

どのオルタに対応しているのかが分からない。

面倒になってきた。

もう少し電圧を下げられたら、バッテリー寿命も延びるし、加速や燃費も良くなるんだけどなぁ、、、、。

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-05-22 18:38 | CAR | Comments(0)
2018年 05月 17日

BHレガシィ ECUからのオルタネータ制御信号

e0146484_16343126.jpg

オルタネータ制御の画像でググってると、

特許の図面が出てくる。


車両用交流発電機&制御装置&三◇電機 で、

検索すると、いろいろ出てきた。

e0146484_16293007.jpg

概略はこんな感じ。

ECUから、アクセル開度や各種センサーの情報に応じて、

Duty(HiとLoの割合)が変化する信号が出る。

これに応じてオルタネータが出力電圧を変える。

2段階は昭和の時代から使われていて、

BPは、12.8Vっていうのが出てくるからこれかも。

e0146484_16293282.jpg

もうちょっと進歩すると、

電圧が連続的に変化する。

e0146484_16293582.jpg

一昨日、オルタの「C」端子を

0V/12Vどっちにしても14.4Vだったから、

BM/BRのオルタネータは、これかもしれない。

こんなパルスを作って入れればいいんだけど、

e0146484_16293884.jpg

周期がわからん。
(3.3ms~20msecは三◇の国際特許にあった)

さらに、信号変化の持続時間も規定がある。

e0146484_16294187.jpg

再び、オシロを持ち込んで、

ECUの信号を見てみる。

e0146484_16301788.jpg

待ち針で、信号を取り出して観測。

ちなみに、

一昨日 6.35Vだった信号レベルは、

12V(バッテリー電圧)だった。

6.35Vは、オルタ側のHi/Loの判断電圧?
(妥当な電圧で、回路的にも理屈は合う)

e0146484_16302052.jpg

アイドリングでは何も変化はなかったが、

アクセルを一踏みすると信号が出てきた。

アクセル開度(+各種センサー)の信号。

A/Cやライトは関係なかった。

周期:65.5msec

Duty(Lo):最少で約10%(Ton=6.5ms)

e0146484_17294983.jpg

40~50km/h 4th 巡航時

周期:65.5msec

Duty(Lo):約10%(Ton=6.5ms)

バッテリー電圧:約14.3V

e0146484_16302630.jpg

40~50km/h 4th アクセル ベタ踏み

周期:65.5msec

Duty(Lo):約65%min.(Ton=42.5ms)

バッテリー電圧:約14.3V ほとんど変化なし


う~~ん、BM/BRの波形が見たい。

e0146484_17364404.jpg

まさかとは思うけど、

予備のECUでも確認してみたが同じだった。



そう言えば、、、

デ・サルフェーサーの基板が目の前に転がってる。

これを改造して、波形を作って入れてみよ!

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-05-17 17:43 | CAR | Comments(0)
2018年 05月 16日

BHレガシィ オルタネータ「C」端子につながるECUを見てみる

e0146484_14004629.jpg

中古ECU

2,000円+送料900円で買ったもの。

e0146484_14005071.jpg

外から信号を加えた時に、

ECUを壊したらダメなので、

オルタネータの「C」端子から来ている

回路を追いかけてみる。


左下のコネクタからスタート。

e0146484_14210517.jpg

4層目(裏面)のコネクタの端子から、

左上にパターンが延びて、

C820につながって、

左上のランドから3層目に入って上方向へ。

e0146484_14194742.jpg
4層目(裏面)の右下のランドに出てくる。

R882(10Ω)を経由して、T833のドレインへ。

そのゲートは、右上のランドに出てきて、

細いパターンで左に走り、

R612(未実装)につながり、

ランドで、またどこかへ。

e0146484_14010352.jpg

最後は、1層目(表)の右下のランドに現れ、

IC601(マイコン)の36番ピンにつながる。


このICがカスタム品らしくてわからない。

回路からすると、出力ポートなんだけど、

これ以上は無理。

e0146484_14010502.jpg

回路図にするとこんな感じ。


問いあえず判明したことは、

・「C」端子を、外部から0vにするのはOK。

・流し込んではダメ。


さて、どう進めるか、、、?

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-05-16 14:39 | CAR | Comments(0)
2018年 05月 15日

BHレガシィ オルタネーター 「C」端子電圧の測定

e0146484_16160646.jpg

オルタネーターの出力電圧が、14.5V近い。

本体の温度制御で14.3Vまでは下がるけど、

その時はバッテリーの温度も上がってるので、

やっぱり高い。


オルタの「C」端子はECUにつながって

電圧を制御してるっていうんだけど、、、

e0146484_16160865.jpg

オルタネータのコネクタ

左側が「C」端子で、「黒に赤」が、

ECUにつながってるらしい。

e0146484_16161111.jpg

助手席の足元

サイドシル、マット、鉄板のカバーを外すと、

ECUの登場。


すべてのコネクタ(5個)を抜いて、

「黒に赤」の線を探す。

e0146484_16161420.jpg

GDB-A,Bの情報によると、

奥(左)のコネクタの、中段の右から3番目。


線の色は「黒に赤」で合ってる。

でも、確信がないのですべてチェック。

e0146484_16161727.jpg

オルタネータ側のコネクタに針を刺して、

クリップで線を車内まで持っていき、

e0146484_16162085.jpg

ECU側のすべての端子をチェック。


やっぱり、奥(左)の中段の右から3番目。

e0146484_16162648.jpg
配線を元に戻してエンジン始動。

電圧は6.36V この時は接触不良?
次回から、14V台になった。

しばらく待ってみても変化なし。

エアコンやデフォッガーやライトをONにしても

まったく変化なし。

e0146484_16162931.jpg
ならば、オルタネータ側でチェック。

3極のコネクタの線を延長。


6.36Vはオルタネータから出ていて、

ECUからの電圧ではないことを確認。
(ECUはオープンコレクタと予想)


ならば、「C」端子を、0Vにしてもいいはず。

e0146484_16163288.jpg
エンジンをかけた状態(通常時)


左:オルタネータの「C」端子電圧
  6.35Vは、この後14Vになった。

 右:バッテリー電圧

e0146484_16163502.jpg
「C」端子を0Vにした状態。(左テスター)

バッテリー電圧は、14.39Vで変化なし。

でも、0Vから解放(6.35V)にした時に、

14.5V(やや高め)になることがある。

e0146484_16170604.jpg
何かで「パルス」って見た気がして、

手で、トトトトトトっと0Vにすると、

バッテリー電圧が下がる。(右テスター)


なんだ、この制御は?

e0146484_16190618.jpg
もしかして、

テスターでは見えない信号がECUからは出てる?


オシロを持ってきた。

AC100V出力のDC/ACインバータも。


「C」端子の電圧を確認するが、、、

e0146484_16171338.jpg
エアコンを入れようが、ライトを点けようが、

全く変化なし。

この後は、電圧が14V台になるが症状は同じ。


同じ形状のBP(アプライド不明)のECUは、

制御をしているという情報もある。

このECU、ROMチューンしてるけど関係ある?

[PR]

by sora_and_kumo | 2018-05-15 17:11 | CAR | Comments(2)