人気ブログランキング |

青いそらの下で・・・

gtr5.exblog.jp
ブログトップ

タグ:駆動系 ( 38 ) タグの人気記事


2015年 09月 19日

BHレガシィ フロントデフ サイドオイルシール点検

e0146484_1811482.jpg
シルバーウィークだ~い♪

って、気が付いたら宿は取れず、、、。

車の下にもぐって点検。


右側、OK!

e0146484_18111551.jpg
左側も、OK!

ダメだったら、

オイルまで無駄になるから、

ち~とドキドキしたけど、良かった。

さ、次の作業行って見よう~~!


by sora_and_kumo | 2015-09-19 18:14 | CAR | Comments(0)
2015年 09月 05日

BHレガシィ リア デフオイル交換

e0146484_1820144.jpg
デフを交換してから、

初めてのオイル交換。

もっと早くやるつもりが、

暑さに負けて、ほったらかし。

e0146484_18202081.jpg
黒!

真っ黒、ドロドロです。

前オーナー(GT30)は、どんな管理をしてたんだろう。

e0146484_18202681.jpg
一度、安いオイルを入れて、

洗おうかと思ったけど、

面倒なので、

ミッションオイルの残りを入れる。

WAKO'S RG7590LSD

e0146484_18203239.jpg
カチッ! と締めて、完了。


さて、これで車検かな?

クーラントは後でいいや。


by sora_and_kumo | 2015-09-05 22:32 | CAR | Comments(0)
2015年 09月 05日

BHレガシィ フロントデフ サイドオイルシール交換

e0146484_229227.jpg
去年から滲んでた、

フロントデフのオイルシール

交換です。


まず、ミッションオイルを抜く。

e0146484_2292742.jpg
①フロントロアアームを外す。

②のスタビリンクも外したけど、
 意味ないかも。
 とりあえず、外した状態で作業。


e0146484_2293442.jpg
ドラシャのピンを抜き、
(φ6ぐらいのピンポンチがあれば楽)

ロアアームを押し下げて、

ナックルの下を、「エイ!」と手前に引くと、

ドラシャがゴトンと落ちる。
(ロアアームの上に落ちるだけなので吊る必要はなかった)

e0146484_2294045.jpg
サイドリテーナとご対面~~~!!

周りを洗浄して、ロックピンを外す。
(表裏あるのでマーキング)

リテーナのマーキングはしっかりと。

マジックは消えやすいので、

ペンキ類がおすすめ。

e0146484_2294985.jpg
作った治具で緩めていく。

最初の1回転はすごく固い。


左は太いドライバーでは無理で、

メガネレンチを突っ込んで力いっぱい。

e0146484_2295735.jpg
4回転半の情報があったが、

右は5回転ちょっと。

左は6回転ちょっとで外れた。

回転数を記録のこと。
(締める時に固くなるからわかるけどね)

e0146484_2210315.jpg
片方ずつしか作業出来ないのと、

初めての作業なので、部屋に持ち帰り。


シールを外す。

KTCの1/2 32mm で叩き出す。

e0146484_22101056.jpg
入れる時は、ラバーグリースを塗って、

そこそこまで、手で押し込む。

その後、KTC 1/2 32mmで叩きこむ。
(少し小さい。34mmぐらいがBEST?)

e0146484_22102495.jpg
Oリングも交換。

e0146484_22103334.jpg
サイドリテーナを取り付けて、

ドラシャを戻す。

反対側は、この繰り返し。


しばらく走って、漏れてなければOKだけど、

さて、どうなることやら。


by sora_and_kumo | 2015-09-05 22:30 | CAR | Comments(1)
2015年 09月 02日

BHレガシィ フロントデフ サイドリテーナ用 SST 製作

e0146484_20261768.jpg

フロントデフのサイドリテーナを外す工具

クルマ屋さんも持ってないので、作る!


外形:約79~80mm

コマの深さ:約9.5mm

20コマ

e0146484_203322.jpg

CADソフトで、お絵かき。

max10本掛け 

PCD 68mm で、M6のタップ

22コマにも使えるように、

90度の穴(4点掛け)も追加。

外形は適当に、φ84ぐらい。

e0146484_2044049.jpg

買っておいた「固定ベース」に、

印刷した紙を貼って、

ポンチを打つ。

その後、くり抜いて、

外形の線を書いておく。

e0146484_2044643.jpg

穴あけ。

厚さ6mmの鉄は初めてじゃ。

続けて開けるとキリが熱っ!

2本を交互に使いながら、

12個の穴あけ。

e0146484_2045246.jpg

M6のタップ立て。


これは、思ったより楽だった。

e0146484_205042.jpg

周囲をサンダーで切って小さくする。

厚さ6mmは大変。


最後は面取りして、

e0146484_205787.jpg

M6のボルトを締めこんで完成~~~!


面接触じゃないけど、

10本あればなんとかなるっしょ!!


by sora_and_kumo | 2015-09-02 20:41 | CAR | Comments(9)
2015年 08月 31日

BHレガシィ フロントデフ サイドリテーナ用工具材料

e0146484_21523645.jpg
クルマ屋で、オイル持ち込みは無理。

ほな、自分でやるしかないがな。

リヤデフは、前・左右もやったしね。


会社帰りに買ってきた。

固定ベース ¥318

e0146484_21524378.jpg
この絵を底に貼って、穴開けて、

M6タップを立てれば出来る予定。


ただ、PCDが不明。

φ68とφ70を交互に開けとけば

出来ると思うんだけどなぁ。


by sora_and_kumo | 2015-08-31 22:01 | CAR | Comments(2)
2015年 08月 30日

BHレガシィ フロントデフ オイル漏れ

e0146484_16402992.jpg

昨日、足周りを見た時、

フロントデフから、オイルが、、、


とうとう滴ってきた。

去年から滲んでたんだけどね。

両側ダメです。

e0146484_1648191.jpg

ここのオイルシール。

車検時にやってもらうかと思ったけど、

ミッションオイルを買ってしまったのだ。
  (持ち込みは多分不可)

部品代は、左右で1,000円ちょい。

工賃は、左右で1.5万円ぐらい。

e0146484_1648982.jpg

但し、サイドリテーナを回す工具が必要で、

ドライバーで叩くと簡単にツメが割れるらしい。

さらに、片側ずつしか作業が出来ない。

駐車場で出来る作業なのか、

部屋に持ち帰った方が良いのか。

e0146484_16481925.jpg

単管の固定ベースにビスを立てて作った人がいた。

このアイデア、いただき!!

500円以下で作れそう。


とりあえず部品をみてから、また考える。


by sora_and_kumo | 2015-08-30 17:32 | CAR | Comments(1)
2015年 06月 22日

BHレガシィ 外したクラッチシリンダーの部品チェック

e0146484_21292835.jpg
外した部品チェック。

マスターシリンダーのピストン。

ラバー部は特に変形なし。


ラバーが痛んでも、

芯がプラなのでシリンダーは大丈夫と信じる。


e0146484_2129362.jpg
オペレータシリンダ。
(レリーズシリンダー)

こっちが怪しいと踏んでたんだけど、、

e0146484_21294420.jpg
なんとなく、ラバーの片面だけ

カエリ(エラ)が少ない。

金色のメッキも少ないような、、、。

そう信じることにする。


クラッチの調子はバッチリで~す!


by sora_and_kumo | 2015-06-22 21:38 | CAR | Comments(0)
2015年 06月 21日

BHレガシィ クラッチ マスターシリンダー付け直し

e0146484_1431196.jpg
昨夜気付いた、板の取り付け順序ミス。

板を手前に付け直す。


マスターシリンダーを外すんだけど、

インタークーラー外さずに出来るん?


e0146484_14352427.jpg
と、思ったけど、

案外すんなりナットが外れた。



室内のクレビスピンを抜き、

e0146484_14353292.jpg
パイプはそのままで

強引に引っ張って、板を取り出した。

この板厚(t1.6mm?)で、クラッチのミートポイントが3cmぐらい違う。

結構、びみょーーー。


プラ部品の裏は割れてたのでビス止めした。

e0146484_14354159.jpg
ササッと組み立てて、

本締めして、、、、、

e0146484_14355132.jpg
室内を見ると、

あちゃ、やってもうた!

これじゃ、ピンが入らん。


力いっぱい押せば入ったかもしれんが、

仰向け状態+狭くて無理!

e0146484_14355989.jpg
再び、マスターシリンダーを外して、

室内を確認してから本締め。

クレビスピンを挿して完了~~~!


ミートポイント、元にもどった~♪

クラッチのつながりも完璧♪♪

 やれやれ、、、、、

by sora_and_kumo | 2015-06-21 15:06 | CAR | Comments(9)
2015年 06月 20日

BHレガシィ クラッチシリンダーのオーバーホールしたけど、、、、

e0146484_10483047.jpg
<Before>

クラッチシリンダーのオーバーホールをしたけど、

運転は出来るものの、クラッチが遠い。

信号でちょっと気が緩むと進む。

そういや、パイプ固定が入らんかった。


e0146484_188670.jpg
<After>

ブログ用に撮った写真で判明。

明日、直そ!

またインタークーラー外しかぁ、、、、


by sora_and_kumo | 2015-06-20 22:13 | CAR | Comments(0)
2015年 06月 20日

BHレガシィ クラッチ・シリンダー オーバーホール

e0146484_11475772.jpg

発進時に、

クラッチが滑ったり、ジャダーが出たり。

シリンダーが原因のことが多いらしい。

フルード漏れはないので、

マスターシリンダは中身だけ交換。

オペレータシリンダは、面倒なので全交換。

使用部品はこちら

e0146484_1148396.jpg

インタークーラーを外して、



e0146484_1148899.jpg


まず、オペレータ・シリンダの交換。

HEX14 2本を外す。

e0146484_11481466.jpg


新旧比較。

「同じ」ということにする。


ホースを付け替えておく。

ガスケットは、ブレーキ用と同じ 内径φ10

まだ、取り付けない。

e0146484_11482024.jpg

次に、マスターシリンダーの取り外し。

ぺダルの上にあるクレビスピンを抜く。

反対側に、抜け止めのピンがある。

e0146484_11482614.jpg

クレビスピン

  &

抜け止めピン

e0146484_11483392.jpg

タンク内のフルードを吸い取ってから、

パイプの切り離し。

フレアナットレンチ HEX10

フルードの漏れは、僅かだった。

e0146484_11484160.jpg


HEX12のナットを2個外せば、

マスターシリンダが出てくる。

e0146484_1148556.jpg


ペダルにつながるシャフトを触らない限り、

フルードが飛び出すことはない。

 <逆に言うと>

どんな動き? って、シャフトを押すと、

どえらいことになる、、、、。

e0146484_1149216.jpg


シリンダーの端に、

ストッパピン(右下写真)があるので、

ホジホジして取り出すと、

e0146484_11491051.jpg


ばらばら~~~

特に異常はなし。

パーツクリーナーで洗浄して、

ラバーグリースを塗っておく。

バネのついた部品は交換。

e0146484_11491736.jpg


ブーツ交換は、ここを外すけど、

この位置が変わると、

クラッチのミートポイントが変わるので、

要注意。

10回転で外れたので、

10回転させてロックナットで固定。

e0146484_11492439.jpg


出来上がり。

e0146484_11493250.jpg


挿入~~~!

向きが合わなくて、

何度か確認。

を合わせて、クレビスピンを挿したら、

e0146484_11493935.jpg



マスターシリンダを取り付け。


e0146484_11494633.jpg


フルード入れ&エア抜き。

オペレートシリンダ側から負圧で入れた。

ブリーダーを緩めて、先をぐ~っと押し、

ブリーダーを締めて離すと入っていく。

時々シリンダーをコンコン叩いて、

細かい泡が出なくったら終了。

e0146484_11495457.jpg


組み立てて、試運転。

ありゃ、クラッチがめちゃ深い。

運転は出来るけど、要調整だな?


by sora_and_kumo | 2015-06-20 20:46 | CAR | Comments(0)